自民党の放送局聴取

先日、
自民党がテレビ朝日とNHKの役員を呼び出し
放送番組について聴取
しました。

問題となった番組は、
テレビ朝日「報道ステーション」では、
 出演した元経済産業官僚の古賀茂明氏が
 「菅義偉官房長官らからバッシングを受けてきた」と、
 自らの番組降板の背景として官邸の圧力を示唆したこと。

NHKは報道番組「クローズアップ現代」での
 詐欺にかかわるブローカーのやらせ報道疑惑。

しかし、政権党が放送局に聴取をするのは、
「言論の自由」
「報道の自由」
への干渉、抑圧であり、「放送法に違反する」
大問題
だと思います。

問題のある放送には、
他局や他の報道機関、識者が批判すれば良いのであり、

政権党による番組チェックは
報道機関を萎縮させ、言論の自由を侵す
ことに
なりかねません

Yahoo!ニュースの意識調査では
62%の人が「問題がある」と回答しており、

各新聞紙の社説
自民党に自制を求めています。

自民党の放送局聴取が残した波紋
スポンサーサイト

憎しみとゆるし

BS1に偶然チャンネルを回したところ

「憎しみとゆるし」
フィリピンのキリノ大統領はなぜ日本人戦犯に恩赦を与えたのか


思わず見入ってしまいました

太平洋戦争。
国外でも国内でも、弱い一般市民が犠牲になったこと以外には、
ほとんど何も知らない。。。
特に東南アジア・・・

1945年終戦直前、 マニラを廃墟と化した日米の壮絶な市街戦
犠牲になったのはマニラの一般市民
その時、日本兵に殺された妻と娘の遺体を抱いて立ち尽くす男が、
後のフィリピン大統領となるキリノ氏でした

終戦後、
『日本への憎しみは絶対消えない」と語っていますが、
彼がスパイ容疑で日本軍に収監されていた時、
出産間近の妻の元に釈放してくれたのも、
知人の日本人憲兵でした。

フィリピンの復興も進まない中、
朝鮮戦争が勃発。
アメリカとの関係もままならず、
 一部戦犯の死刑も執行
日本との戦争責任保証も、進展しない状態に・・・

そんな時、
日本の家族から、人形と共に涙の戦犯解放のお願い・・・
フィリピン人の日本への憎しみは収まらず

とうとう、大統領は病に伏し、アメリカで治療する羽目に、、、
・・・
親も自分も昔憧れた日本だが
妻子を殺し、マニラを廃墟にしたのも日本人。
そして、自分を助けた(妻の元に返してくれた)のも日本人。

フィリピンにとって必要(力になってくれる)なのは隣国日本
(それは日本にとっても同じ)
憎しみからは何も始まらない。
ゆるしから始まる。。。


大統領権限で、戦犯全員を恩赦
しかし、当時まだ戦後8年
フィリピン人の日本人への憎しみが収まるわけもなく、

次期大統領選で落選。。。
その後、、、
しかし、なんと大きな人だったでしょうか!
ご冥福をお祈りします


フィリピン人の90%はクリスチャン

キリノ氏の家族(息子?)は語っていました
「私は戦犯解放に反対だった。日本人を許せなかった。」
しかし、その後日本に立ち寄った時、平らになった土地を見て、
「ここは軍需工場だったのか?」と聞くと
「住宅地でした」
日本人も被害者だったんだ と

戦争で苦しむのは罪のない市民
フィリピンではゆるしの祈りが行われていたそうです







ナチス?アベ?

安倍内閣 集団的自衛権の行使容認

報道関係者が調査したところ、
「ナチスに似ているようで怖い」
との声がドイツ人から聞かれたそうです

どういうことでしょう?

第一次世界大戦後、
最も民主的だといわれた「ワイマール憲法」が制定されました

ヒトラーが選挙で選ばれ、
内閣成立後間もなく、国会議事堂放火事件が発生したため、

「民族と国家防衛のための大統領令」等を発令し、
反政府組織を封じ込めました。

その後「新たな憲法体制を作るため」として
『全権委任法』を制定
これは、政府に憲法を超える権限を与えるものであり、

事実上、ワイマール憲法体制は崩壊!
独裁、第二次世界大戦へと進んでしまった。



安倍内閣はというと・・・

特定秘密保護法 2013.12.13公布(1年以内に施行)
 これで、防衛・外交・テロ防止のためとして、
 秘密に政治を行うことができるようになります
 
 今までも、情報公開しないことが多い政府でした
 例えば、
 2003~09年の自衛隊イラク派遣
 イギリスでは当時の調査、情報公開を進めていますが、
 日本では、他国軍や兵器の輸送をしたにもかかわらず、
 (黒塗り書類しか公開されない)状況です

2014.1.24 NHK新会長に、籾井勝人を就任
 政府の働きかけが強かったと報じられています
 非常に安倍内閣寄り、都合悪いことは報道しない・・
 体制になりました

そして今回
集団的自衛権の行使容認

 参考クリック
 自衛権という言葉にごまかされてはいけません
 『他国を守るために戦争します』
ということです。
 イラクを守るため?戦争できる
のです。

私が、特に危うく感じるのは、
集団的自衛権の 内容を説明せずに
行使範囲も具体化・検討せず
緊急で決定したことです

具体化せずに(ということは、何でも出来るようにして
大至急通す必要があった
ということです

今、防がないと危ないと思います









集団的自衛権の行使容認 閣議決定

集団的自衛権の行使容認が閣議決定されましたが
簡単に言うと、
『国が必要だと判断すれば戦争しますよ』
ということです

日本は戦争を放棄し、その為の戦力を持たないとしています
いわゆる『平和憲法』です

cf. 憲法条文
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


平和の為の理想の憲法ですが、
これで、国を、世界を守れるか というと?です
第二次世界大戦後、
戦争・侵略を経験していない国はほとんどありません

日本が、韓国に竹島を実行支配された時、自衛隊はありません
あれば、こうはならなかったかもしれません
現在尖閣諸島が脅かされていますが、
もし、自衛隊が無かったら、
実行支配されてしまったのではないかとも思えます

そのため?
「戦争をする為の戦力を持たない」と憲法解釈し、
自衛隊が出来ました。
(個別的自衛権(自国を防衛する権利)は
国際法上承認された国家の権利です)

集団的自衛権はどうでしょう(Wikipedia)
        
        注:「集団安全保障」(国連の多国籍軍によるもの)
          あるいは「集団防衛」(NATOとか日米安保)とは異なります。
他の国家が武力攻撃を受けた場合に、
直接に攻撃を受けていない日本が協力して共同で防衛を行う権利で、
日本がが集団的自衛権を行使するには、
宣戦布告を行い中立国の地位を捨てる必要があります

集団的自衛権の行使は、わが国が攻められていないのに、
日本から離れた場所で行われている戦争に参加すること
です。
行使をした途端に、それまで局外者であったはずのわが国が、
交戦当事国になってしまうのです。
その結果、敵国が日本の領土を攻撃することも許されるようになります

そして、もうひとつ昨年可決された
特定秘密保護法があります

ということは、国民に知らされないままに(報道も出来ない)
徴兵制が法案提出され、宣戦布告する という可能性まであるのです

どう考えても、憲法解釈では済まされない内容です

集団的自衛権の閣議決定により、
政府は、関連法案の策定に入りましたが

憲法にこんな条文がありました

第十章 最高法規
第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。


国防、自衛が必要な状況になってきていることは理解できますが、
今回の閣議決定はちょっと異常です
危ういです
ちなみに自民党の村上誠一郎(衆議院議員)は唯一人反対したそうです
小沢一郎も集団的自衛権について、面白いこと(反対?)
いってます
武力行使
記者会見






国旗掲揚

今日は、体育の日。
1964年10月10日、東京オリンピックの開会式を記念して制定されました。
今は第二月曜日に変更されてしまいましたが、、、
ともあれ、
祝日ということで、国旗を掲揚しました!!
昔はほとんどの家庭で、日の丸を出していましたが、
今は、ほとんど見られなくなってしまい残念に思います。
反日の丸とか、国旗じゃないとかいわれてましたが、
 (1999年、国旗として法律制定)
祖国の祝日を祝う、という気持ちを皆もっともってほしいと思います。
自分の国なんですから。
国旗
プロフィール

やんばる

Author:やんばる
サッカーの守り神といえば、
八咫烏(やたがらす)
・・・神様にはなれないし・・・
ヤンバルクイナは、、、
濃いオリーブ色の羽と、お腹は黒白のしま模様、
くちばしは赤くておしゃれ。
鳥なのに、飛べないんです。
天然記念物といわれます。
私と同じじゃない(^-^)     やんばる。

趣味
サッカー観戦、スポーツ観戦
音楽鑑賞
(Perfume~クラシックまで)
芸術鑑賞(絵画etc.)
将棋、囲碁、麻雀、カード
Drink(EtOH)
昔の趣味
切手収集、山歩き、天文、
ギター


 
 

 
 

訪問者
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR